「食」に関する情報をあれこれ掲載していくブログです。
皆様、お久しぶりです。中々更新が進まない当ブログの管理人、ジャックです。
今回は少し前に行った横浜と東京の旅行の食日記を載せたいと思います。

前に自分の環境が少し変わった事を書いた訳ですが、それは何かと申しま
すと、半年くらい前から、めちゃ久しぶりに彼女さんが出来ました。
今回の旅行はその彼女さんと一緒に行った旅行でもあります。
何はともあれ、更新が遅い当ブログですがこれからもよろしくお願いします。

名古屋駅から、ぷらっとこだまに乗って最初に到着した駅は新横浜駅です。
そこからトボトボと歩いて辿り着いたのは、久しぶりの横浜中華街です。
何年か前に神戸の中華街にも行き、このブログにも載せましたが、僕個人
としてはやっぱり横浜の中華街の方が好きかなと思います。

IMG_0654_1.jpgIMG_0656_1.jpg

前もって少しお店を調べて、僕が行きたくなったお店は「大珍楼」。
彼女さんが行きたかったお店は「聘珍楼」。
結局、現地でジャンケン勝負という事になっていたので、さっそく勝負です。
お互い火花の散る負けられないジャンケンは、僕の勝ちで終息。
お店は「大珍楼」に決定しました。

IMG_0658_1.jpg

「大珍楼・新館」はオーダーバイキングがメインのお店です。
店内はそれほど広くはありませんが、中華の雰囲気が良い感じです。

IMG_0660_1.jpg

席に案内され、オーダーバイキングの開始です。
まず最初にオーダーしたのは点心系でした。
芝えび蒸し餃子やフカひれ餃子に小龍包、大根餅、それに北京ダック
など。今回いろいろ食べた中でも、フカひれ餃子は一番のヒットでした。
マジでウマかったです。

IMG_0664_1.jpgIMG_0663_1.jpgIMG_0665_1.jpg
IMG_0673_1.jpgIMG_0661_1.jpg

その他にも湯葉巻きオイスターソース、五目フカひれスープに芝えびのチリ
ソース、牛ばら肉の角煮、鶏肉とカシューナッツの炒め、牛肉とピーマン炒め。

IMG_0675_1.jpgIMG_0662_1.jpgIMG_0666_1.jpg
IMG_0674_1.jpgIMG_0671_1.jpgIMG_0679_1.jpg

麺類とご飯系は、チャーシューネギそばと特製チャーハン

IMG_0670_1.jpgIMG_0677_1.jpg

最後のデザートは、マンゴープリンと黒ごまプリンとココナッツムース。
ちなみにこの三種の中で、黒ごまプリンが彼女さんのお気に入りでした。

IMG_0681_1.jpg

食べに食べてお腹いっぱいです。正直に言って、あまり美味しいとは思えない
メニューがあったのは事実ですが、それでもオーダーバイキングの中では
満足出来る内容でした。
一つ一つが小さめで、いろいろなメニューを食べられるのは嬉しいと思います。

~お店データ~

電話 045-663-5477
住所 神奈川県横浜市中区山下町143番地
営業時間 11:00~22:00
定休日 無休
アクセスマップ
昨年の秋頃から自分の環境がいろいろと変わるような事がありまして、
随分と更新が遅れてしまいました。
これから何とか少しづつ更新はしていきたいと思っており、5月過ぎくらい
から、また本格的に始動していきます。
これからもよろしくお願いします。

「西天城高原 牧場の家」を後にして向かった先は、その日の宿である
「西伊豆土肥温泉 ホテル喜代治館」です。
小じんまりとした宿泊施設で、料理が自慢です。

ホテルに到着してから温泉へ行き、そのあとにさっそく夕食場所へ。
この時の土肥温泉についてはまた「湯~雑多ブログ」の方で詳細を
書きたいと思います。

まずは刺身の舟盛りから。
ボリューム満点の盛り合わせでした。鮮度も良かったと思います。

izu 034b_1

すき焼き風鍋とカレイの揚げあんかけ。
どちらも中々な美味しさです。

izu 039_1izu 038_1

そして、蒸したズワイガニです。
中は結構スカスカなのかなと一瞬不安でしたが、実際食べてみると
身はぎっしりと入ってました。

izu 037_1izu 040_1

これ以外にも椀物やご飯系、フルーツなどもついていて、宿泊料を
考えると、かなりお値打ち感のある宿だと思いました。

ちなみに朝食はこんな感じです。
夕食を考えると、朝食はちょっと普通な感じだったでしょうか。

izu.2 007_1izu.2 008_1

それにしても、さすがは伊豆。
魚介の鮮度は抜群でした。美味しかったです。

この時の静岡市~西伊豆を巡る旅も、印象に残る良い旅でした。
また近いうちに旅の記事を載せたいと思います。 お楽しみに。

~お宿データ~

電話 0558-98-0432
住所 静岡県伊豆市土肥349-2
アクセスマップ
9月末に行った静岡市~西伊豆方面の旅日記です。
(相変わらずの更新遅れブログです・・・ ^^;)

今回の旅の目的地は西伊豆・土肥温泉。
まずはその途中、昼食に寄らせてもらった、「そば処 鐘庵」のレポートから。

「そば処 鐘庵」は、“桜えびのかき揚げ”が名物のそば屋さんです。
やはり静岡県と言えば“桜えび”という事で、お値段もリーズナブルなこの
お店を選びました。
かなり店舗数があり、総本店は清水にあるようです。
ちなみに我が愛知県にも進出していて、豊橋や岡崎、そして名古屋にまで
お店があります。
今回寄らせてもらったのは、「静岡インター通り店」です。

店内は結構コンパクトな印象。
さっそく、“桜えびそば”を注文しました。
待っている間はこれまた名物の“静岡おでん”をつまむ事に。
“桜えびそば”も割りとすぐにやってきました。

izu 001_1izu 002_1

“桜えびのかき揚げ”は揚げても軟らかい、生でも食べられる桜えびと、衣の
サクサク感が堪りません。そばの方も結構美味しいです。
静岡名物である“桜えびのかき揚げ”は他のお店では値段が少々高いと
いうのがありますが、この「鐘庵」ならリーズナブルに食べる事で出来ます。
オススメです。

izu 006_1

その後、東名「富士川SA」で富士山見物。
やはり富士山は何度見ても良いです。
そしてそこから「浄蓮の滝」へ向かいました。

izu 013_1izu 016_1

その日の宿にチェックインする前に「西天城高原 牧場の家」へ寄って見る
事にしました。
訪れたこの日は、生憎の曇り空で絶景は見れませんでした。
晴れていたら、海もはっきりと見えて、もっと絶景だったと思います。
ソフトクリームは、やはり濃厚な牛乳の味がして美味しいです。

izu 025_1izu 028_1izu 033_1

後編は今回泊まった宿の食事をレポートしたいと思います。

~施設・お店データ~

「鐘庵 静岡インター通り店」
電話 054-286-9116
住所 静岡県静岡市駿河区西中原2-2-6
定休日 火曜日
アクセスマップ

「西天城高原 牧場の家」
電話 0558-55-0787
住所 静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須3609-1
定休日 水曜日
アクセスマップ

ラーメン屋にしては、カフェのような雰囲気でオシャレです。
三河の人気店「三河開化亭」の流れを汲むお店が、今回レポートする
この「尾張開化亭」です。

入り口からしてイタリアンレストランのような、ラーメン屋らしからぬ
雰囲気で女性が入りやすいような作りです。

aokichita 024_1

店内に入るとすぐの場所に食券販売機があります。
何にしょうかと迷った挙句、「黒ラーメン・こってり」を選択。
カウンター席に座り、店員さんに食券を渡してラーメンを待ちます。

カウンターの前もカフェみたいな感じです。

aokichita 023_1

程なくしてラーメンが運ばれてきました。
これが「黒ラーメン・こってり」(720円)です。

aokichita 021_1aokichita 022_1

スープは醤油とんこつで、一緒に入っているニンニクが良い風味を
出しています。ストレートの細麺との相性もバッチリです。
具は他に、海苔・ネギ・モヤシ・メンマ・半熟煮玉子・叉焼です。
中でも叉焼は厚切りの割りにやわらかく、とても僕好みの叉焼でした。
総合的な感想ですが、正に“こってりラーメン”の王道を行くラーメン
だなと思いました。
僕的には結構好きなタイプのラーメンです。

一宮駅付近から、イオンのダイヤモンドシティ・キリオへ向かう途中に
あります。カフェのような外観でラーメン屋には見えないので、分かり
にくいかも知れませんが「尾張開化亭」の看板を目印にして下さい。

aokichita 025_1

~ラーメン店データ~

電話 0586-84-2005
住所 愛知県一宮市木曽川町黒田一の通り47
営業時間 (平日)11:30~15:00,17:30~24:00 (土日祝)11:30~24:00
定休日 月曜
アクセスマップ
先日、久々にうなぎを食べに行こうと思い、「海渡」へ向かいました。
ところが着いてみると、お店は閉店状態。・・・・・がっくりの瞬間です。
(後日、お店が長期休業になった事を知りました。理由はよく分かりませんが、
一日も早い復帰を望みます。)

気を取り直し、近くにある「青木」へ向かう事にしました。
この「青木」もうなぎ屋さんで「海渡」同様、弥富近辺では有名なお店です。
ただ、僕はずっと「海渡」一筋だったので、「青木」はこの時が初めてでした。

田園風景の中にポツンと佇むそのお店は一見、蕎麦屋のような雰囲気です。

aokichita 004_1

お店の規模も「海渡」と同じくらい。それほど大きくはありません。

aokichita 001_1

うなぎ丼目当てですが、一応メニューをチェック。

aokichita 030_1

そしてお約束のうなぎ丼をオーダー。
そこそこ時間が経過した後、やって来ました。「青木」のうなぎ丼です!

aokichita 031_1aokichita 033_1

漬物と肝吸いが付いて1300円。(ちなみに最近、諸所の事情により1100円
から1300円に値上げしたようです。)
しかし、これでも一般的なうなぎ屋さんよりは安いんじゃないでしょうか。

さっそく食べてみると、これまた皮のパリパリ具合や中身のフワフワ感が絶妙!
タレは「海渡」よりも若干濃いめですが、これはこれで美味いです。
逆に濃い分、ふっくらご飯との相性はバッチリです。
というよりもパリパリ・フワフワの焼き加減に関しては「海渡」より上かも知れ
ません。
美味しく完食させて頂きました。

「海渡」のうな丼がしばらく食べられませんが、「青木」という良いうなぎ屋さん
を見つけたので、これから うなぎが食べたくなったらまたここに来るでしょう。
今度はこの店で人気のある、うな重にしょうかな。

aokichita 003_1

~お店データ~

「うなぎ 青木」

電話 0567-68-3930
住所 愛知県弥富市東末広6-9
アクセスマップ