「食」に関する情報をあれこれ掲載していくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
岐阜のお酒もいろいろとありますが、その中でも僕が好きな銘柄
の一つ、「醴泉」は、飲んべぇの間では一流のお酒です。

醸造元である玉泉酒造は特Aの山田錦を贅沢に使う事で知られて
いますが、今回僕が晩酌酒として購入したのは、富山県南砺産の
雄山錦を使用した純米吟醸です。

20061126014511.jpg

確かに山田錦を使用したお酒は華やかでストレートな旨味が魅力
なのですが、この雄山錦のお酒も奥の深い味わいで中々面白いです。
口に含んだ瞬間は大人しい感じがしますが、次第に米の甘味や酸味
などが口の中に広がって心地良くキレていきます。
飲み飽きしない感じのお酒に仕上がっていると思います。

個人的には冷やして飲むか、ぬる燗にして飲むのが一番旨いかな
という印象でした。
やはり「醴泉」はこの価格帯の酒でも一流です。

~醴泉 純米吟醸・雄山錦~
○原料米=富山県南砺産雄山錦 ○精米歩合=55% 
○日本酒度=+2 ○酸度=1.6 ○アミノ酸度=1.4 
○製造元=玉泉堂酒造株式会社 住所=岐阜県養老郡養老町高田
800-3 ○価格=2625円(1800ml)

20061126014628.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。