「食」に関する情報をあれこれ掲載していくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月の9日、岐阜駅内にあるアクティブGにて年に一度のお楽しみ
「美濃・飛騨酒蔵の集い」が行われました。
例によって記事をアップするのが遅れているので、この酒蔵の集い
の報告も1ヶ月以上経った今頃アップする事になってしまいました。(^^;)

以前にも数回、この酒蔵の集いには参加していたのですが、諸事情
あって、ここ数年は行けずじまいだったのであります。
今年はようやく行ける事になりました。久々の参加です♪

20060522002445.jpg

さて、この「美濃・飛騨酒蔵の集い」、どういうイベントかと申し
ますと、岐阜県内の蔵元・18蔵(今年は愛知からも1蔵参加)が
集い、我々、飲兵衛たちに自慢のお酒を自由に試飲させてくれると
いうものです。
会費は前売り800円(当日だと1000円)で、それこそ飲み放題状態!
しかもお酒は銘酒揃いなのに、です。

会場に入ると、「酒の中島屋」のご主人とご対面。
ご主人から、ある4名様を紹介されました。
由紀の酒」の裏管理人・AKIRAさん、「由紀の酒」の常連である
MASAさんに、酔っ払いくまさん、そしてこの「至福な逸品」でも
度々コメントなどしてくれている、桂自然さん。
いやぁ、初めてお会いできましたよ♪
もっとも、AKIRAさんはすでに出来上がっておりました(笑)
(一緒に行った僕の連れの関係で2次会は参加できませんでしたが
、今度何かの機会があれば是非参加させて頂きます!)

会場は飲兵衛を唸らせる銘酒の数々。
「天領」に「御代櫻」、「玉柏」に「美濃天狗」などなど。
「天領」は以前、酒蔵見学に行った時の事をこの逸品的ブログに
アップしました。興味のある方は覗いてみて下さい。

20060522002624.jpg20060522002813.jpg
20060522002930.jpg20060522003104.jpg


もちろん、ほとんどの酒が旨かったのですが、中でも群を抜いて
いるのが「天領」と「房島屋」で、ここ数年で急激に旨くなってい
るのが「美濃天狗」だというのが僕の感想です。

そして“さすが”だったのは古酒で有名な「達磨正宗」です。
「昭和五十九年・熟成酒」は正に極上の酒でしたよ。
以前にこの酒蔵の集いに参加した時もこういう感じの古酒を頂き
ましたが、変わらぬ旨さを発揮しておりました。

20060522003226.jpg

ちなみに愛知から参加した1蔵はどこかというと設楽の「蓬莱泉」
です。まぁ、こちらは言わずもがなの旨さでしょう。

季節柄、どこの蔵も自慢の新酒を用意しておりました。
やっぱり新酒の生も良いもんです。
良い感じで酔う事が出来るのも銘酒ならではです。

酒好きには堪らないこのイベント。年に一度というのが待ちきれ
ない程です。
来年もまた参加しようと心に誓った僕、飲兵衛・ジャックでした。

20060522003346.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。