「食」に関する情報をあれこれ掲載していくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
例によって、またまた今年の春先のネタである。
「いい加減に最近の新しいネタにしなさいよ」という声も聞こえて
きそうだが、何しろ貧乏性な性格なのである。鮮度はなくとも、
せっかく保存してあるネタを使わなければ「もったいない」と思って
しまう性分である。
来年こそは最近のネタに追いつくべく、怒涛の更新をしようと決意
したこの年の瀬であった。

岐阜県は郡上市大和町に道の駅「古今伝授の里やまと」がある。
この道の駅、何気に人気があったりする。
その敷地内には、食事スペースやお土産コーナーなどを主体とした
「くつろぎ広場」と隣接する日帰り温泉施設「やまと温泉 やすらぎ館」
に分かれていて、相乗効果で人気も高いのだ。
土日などは結構な混雑っぷりのようである。

20051231191612.jpg

その「くつろぎ広場」の中にある、郷土料理の「安食里(あぐり)」。
店内は道の駅らしからぬ、センスの良い内装である。
こちらの「麦とろ定食」が素朴な味ながら、意外と(?)旨いのだ。
おひつに入れられた麦飯がまた風情があったりする。
付け添えの漬物や煮物も良い味付けだ。
メインである"麦とろ"は何と言っても"滋養の食"であり、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどにより栄養価が高く、消化酵素などもたくさん
含んでいる為、消化が良いのである。
とは言え、体に良くとも妙に不味かったら人気も出ないのであろうが、
こちらの麦とろ、"おふくろの味"的な良い味付けだ。
個人的には春夏秋冬問わず、この麦とろは大好きなメニューの一つ
である。見た目の素朴さとは裏腹に、健康に良い実力派なのだ。

20051231191734.jpg

「食」だけでなく温泉などの「癒し」もある、この道の駅「古今伝授の
里やまと」はオススメの場所である。

20051231191431.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。