「食」に関する情報をあれこれ掲載していくブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おそらくここを初めて訪れる人は、その日本酒の種類の豊富さに驚く
だろう。岐阜及びその周辺の"酒好き"に親しまれている「酒の中島屋」
である。

nakasimaya2.jpg

以前、6~7年ほど岐阜市に住んでいた時期がある。
中島屋さんに通うにようになったのは、その頃からだ。
最初の出会いは某居酒屋に勤めていた時に、日本酒のレパートリーを
増やそうという話になり、店長と共に中島屋さんに相談に伺ったのが
始まりである。しかしその時は何故か、それっきりになってしまった。
それからその某居酒屋を退職して、2年ほど経った頃だったろうか。
無性に日本酒が飲みたくなった。フッと中島屋さんを思いだして、買い
に行った。中島屋さんに通うようになったのはそれからだ。
もっとも、個人的な事情で岐阜市から一宮市に引っ越してからは距離的
、時間的な理由から頻繁に行けなくなってはいるが・・・。

一応、それ以前から日本酒は飲んではいたのだが、本格的に日本酒の
世界にのめり込んでいったのは間違いなく、この中島屋さんがキッカケ
である。冒頭で書いた通り、その種類の豊富さは圧巻である。
酒好きなら、この種類の豊富さを前に「迷うな」と言う方が無理である
。私自身、いつもどれを買おうかと店内で迷っている。

この中島屋さんの特徴はそれだけではない。
種類の豊富さに加えて、温度管理も徹底されているのである。
実は店内に並ぶ数々の日本酒、ほとんどは中身がからっぽなのだ。
つまり、店内で並べられているほとんどのモノは見本であり、本物は
温度管理が徹底された貯蔵庫に保管されているのである。
日本酒がワインと同じような醸造酒である事を知る人は案外少ない。
ワインと同じで温度管理がきちんとされていなければ、せっかくの酒
も不味くなってしまうのは自明の理だ。
当たり前の話だが温度管理された、この中島屋さんで買う酒はどれも
美味いモノばかりである。

そして何より、この酒屋さん最大の特徴は、日本酒の知識の豊富な
ご主人と、いつでも優しい笑顔の奥様だろう。
私が買いに行く時は大体、「何か新しいの入ってます?」とか「燗で
美味しいの何かあります?」とか、そんなアバウトな質問ばかりで
ある。それでもちゃんと美味い酒をセレクトしてくれる。
この中島屋さんから送られてくる「酒の便り」も楽しみの一つである。

かれこれ通うようになってから7~8年は経っているだろうか。
詳しくは書けないが、とても優しい対応をして頂いた事もある。
私、管理人 ジャックのイチオシの酒屋さんである。

nakasimaya5.jpg

~データ~

住所 岐阜県岐阜市吉野町1-1
電話 058-262-2515
営業時間 午前9時~午後8時
定休日 毎週日曜日
アクセスマップ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。